◆◇ヨコハマおもしろ水族館◇◆


★訪問日:2014年5月3日 

★所在地:神奈川県横浜市中区山下町144

★HP:http://www.omoshirosuizokukan.com/


★当日の足取り:自宅→横浜人形の家→横浜中華街→ヨコハマおもしろ水族館→横浜中華街→赤レンガ倉庫→ホテル

・横浜中華街の中にこっそり存在する水族館

・入り口が狭いビルの3階にあるから、中に入るまで本当にまともな水族館なのか不安に駆られる(笑)


★素敵ポイント:

・おもしろ水族館の中に赤ちゃん水族館もある

(赤ちゃん水族館には魚のたまごや赤ちゃんがいっぱい)

・館内の作りが小学校&幼稚園

(下駄箱が水槽になってたり部屋が音楽室や校長室だったりする)

・学べる展示がいっぱい

(クイズがいっぱいあったり説明書きがすごくわかりやすく書いてある)


横浜中華街の中に水族館があるというので、これは行かねばと行ってみることに。

でもそもそも、中華街の中に水族館があるっていうのがすごい違和感で。


だって、普通水族館って街から外れたところにどーんと建ってるものがほとんどで。

まあサンシャイン水族館みたいにビルの中にあるものもあるけど、それはそれでちゃんとしてるというかなんというか。


とにかく、中華街と水族館っていうのが個人的には全然結びつかない!


どんな感じの水族館なのかなーとわくわくしながら水族館を探していると、、、

人混み&ビルとかお店がいっぱいある中に水族館の看板を発見!

え、こんなところにあるの??っていうのが正直な感想(笑)


ビルの3階までエレベーターで上がると水族館の入り口が。


チケットを買っていざ購入!

中に入ると小学校の中みたいな作りになってて、ご丁寧に廊下に白線まで引いてある。

水槽のところに3択クイズがあって、それをタッチペンで答え合わせしながら館内を回れるみたい。

さすが小学校。お勉強ができるというわけですね。


水槽一つ一つを見るとちゃんと水族館らしくいろんなお魚さん達が泳いでて。

館内の作りは変わってるけど水槽の中は普通の水族館と同じ感じかなーと思ってたら、


やどかりの貝殻の代わりにミニチュアハウスが水槽に入れられていたり、

どこにお魚さんがいるかなーとお魚探しをするような水槽だったり、

そもそも水槽が水槽じゃなかったり。

いろいろと工夫された水槽があって見ていて楽しかった。


一番衝撃を受けたのはオオグソクムシの掴み取り。

大きな箱の中にオオグソクムシがわらわらいて、とにかく気持ち悪い(笑)

ガサガサわさわさ元気に動いてるから、気持ち悪さが倍増(笑)


私も相方様も実際に触ってみる勇気が出なかったんだけど、もしこの箱の中に手を突っ込むことができていたら人として大きく成長できたかな(笑)


手掴みをするのは無理だったけど、オオグソクムシの水槽に入った気分を味わえる水槽があったからそちらに挑戦してみた。


目の前や真横でわらわらとうごめくオオグソクムシ達、、、

うん、水槽越しとはいえ気持ち悪かった!

なんでこんな水槽を作ってしまったのか、、、(笑)


その後も館内を散策して、、、

次は赤ちゃん水族館へ。


赤ちゃん水族館は幼稚園のような作りになっていて、まず最初に土足禁止ということで靴を脱がされる。

その先に広がるのはめくるめくベビー達の世界!


あああーベビー魚たちかわいすぎる!!!!写真全然撮れなかったけど(笑)


幼稚園設定なので、水槽の位置も子供の背丈ぐらい。

大人が見るにはしゃがまないと見れない(笑)


部屋の中にはすべり台とかジャングルジムも置いてあるんだけど、中が水槽になってて、しかも実際にお子ちゃま達が遊べるようになってるっていうこだわりっぷり。

オニオコゼの餌付けショーがあったんだけど、いかんせん幼稚園のプレイルームだからみんな床に座った状態での観覧ですごい新鮮だった!

なんというか、童心に返った気分。


いやー意外と楽しい水族館だった!

ここは将来子供ができた時に一緒に来たら楽しいだろうなー!

なかなか珍しい感じの水族館でした!


お気に入り度:★★★☆☆☆

(個人的には赤ちゃん水族館がすごいツボ)

*オリジナルグッズ:△

(せっかく面白いコンセプトでキャラもかわいいんだからもっとグッズ作ればいいのに)

*水槽のきれいさ:△

(んー、、きれいっちゃきれいだし、きれいじゃないと言えばきれいじゃないし、、写真は撮りづらかった)

*ショーの楽しさ:△

(オニオコゼの餌付けショーは一応ショー扱いになるのかな(笑))

*赤ちゃん水族館のかわいさ:◎

(ベビーばっかり集めたのは素晴らしいと思う!ちっちゃい!かわいい!最高!)