◆◇福野文化創造センターヘリオス◇◆


★訪問日:2013年5月18日

★所在地:富山県南砺市やかた100

★HP:http://nantohelios.jp/


★当日の足取り:自宅→福野文化創造センターヘリオス→井波彫刻総合会館→忘れちゃったけどその他いろいろ

・南砺スマートICから車で5分

・なんか普通に街中にあった気がする


★周辺観光:砺波チューリップ公園

(チューリップ祭りの時に来るとすごく素敵)


P.A.WORKSが制作したショートアニメを使ったイベントが南砺市で行われているとのことで。

その名も恋旅フォトラリー!


南砺市にある指定された場所に行って写真を撮るとポストカードがもらえるんだとか。

で、そこに行けばショートアニメを見ることができるっていうものみたい。


南砺市に行かないとアニメが見られないとか、そんなん行くしかないじゃないかー!ということで南砺市に行くことへ。


ちなみにその時のイベントがこちら

https://www.toyama-brand.jp/TJN/?tid=103567


でも、この記事を書いてる時点(2021年10月)に南砺市のサイトを見てみたら、こんなことになってた。

https://www.anitabi-nanto.jp/


南砺市はいつの間にアニメのふる里になったのか(笑)

まあこういうの好きだから全然いいんだけどね!

こんなの見たらまた南砺市に行きたくなっちゃったじゃないか。


、、、話を戻しまして。


恋旅のイベント参加のために高速に乗ってびゅーんと南砺市へ到着。

フォトラリーのスポットの一つになってた、福野文化創造センターヘリオスへ。

ヘリオスなんて変わった名前ついてるけど至って普通の建物じゃん!と思いきや。


ラッパを吹いた少年とか踊ってる感じの貴婦人とか、なんかとにかくいろんな像が建物の周辺にあって。


なかなか愉快な感じだった(笑)

恋旅のイベントのポスターも発見。

ヘリオスの中にも入れるみたいだったので入ってみた。


どーんと現れた夜高行燈。

この地域であるお祭りのために作られたものらしいんだけど、これがまたなかなかかっこいい。


なんだろう、造りが細かくて、でもダイナミックで、なんというか華やかな感じ。

実際はこの中に灯りがついた状態で街中を練り歩くっていうんだから、すごいきれいなんだろうなー。

和紙で作られてるから光が透けていい感じになるらしい。


ちなみにヘリオスの中にも謎の銅像とか謎の絵があったり、ヘリオスって書いてある謎の部屋も見つけた。

なんとなく開けちゃいけないと思って扉の先に行けなかったんだけど、HPによるとヘリオスの部屋は円形劇場になってたらしい。

なんかかっこいいぞ。扉開けて見てみればよかった。


ヘリオスの中を探検した後は、最初に見た踊ってる貴婦人たちの銅像の後ろ姿を見てバイバイ。

いやー、ヘリオス地味に楽しかった。

普通に南砺市に観光で来てたらここには絶対来なかっただろうから、こういう場所も南砺市にはあるんだって知れてよかった。


あ、ちゃんと恋旅のアニメーションも見れたしポストカードもゲットできました。


さて、次の場所に向けて出発!


お気に入り度:★★☆☆☆☆

(ヘリオスは普通に面白かった。夜高祭りで灯りのともった夜高行燈を見てみたい!)