★訪問日:2021年2月28日

 

★所在地:愛知県豊橋市大岩町字大穴1-238


★HP:https://www.nonhoi.jp/

 

★当日の足取り:のんほいパーク→道の駅潮見坂→道の駅とよはし

・自宅から車で1時間半くらい。高速で豊川ICまで行って、そこからなんかよくわからない道をうねうね進むと1号線に辿り着き、そこから横道入ってすぐ。

・駐車場は正門側と西門側があって、西門側に停めるとふれあい広場にすぐ行ける。


★周辺観光:-

(のんほいパーク以外にあるのだろうか、、、)



よし!動物園に行こう!ということで、予約なしで行くことのできたのんほいパークへ行くことに。


車で行くこと1時間半、のんほいパーク入り口に到着。

正門側の駐車場、いっぱいかなーと思ったけど意外と奥の方は空いてた。

駐車料金200円はお財布に優しくて嬉しい!


チケットも600円。水族館だと1500円とか2000円とかするから、あー安いーと思ってしまう。

なんかどこの動物園行っても、水族館に比べるとすごいお安い気がする。

管理費が水族館に比べてあまりかからないのかなあ??

そんなこともないと思うけど、、、


中に入ると、大きな道がどーんとあって、何を目当てに見るかで行く方向を決める感じ。

のんほいパーク、大きな敷地に動物園と植物園と遊園地と博物館の4つのエリアがあるから、どこに行くか絞っておかないと、とてもじゃないけど1日じゃ回れない。


今回は息子ちゃんのご要望で、動物園エリアと自然史博物館に行くことに。


動物園ゾーンを進み最初に出てきたのは郷土エリア。

鹿とかリスとかくまとか、なんかその辺の山にいそうな動物さん達がいる感じ。


個人的にはリスさんがお気に入りで、ほっぺをぷっくりさせながらどんぐりをモグモグしてる姿がたまらなくかわいかったんだけど、

息子ちゃんは動物達よりも同じエリアに展示されてたD51の蒸気機関車の方に夢中で。


機関車見るなら動物園じゃなくてもいいじゃーん!

まあでも確かに大きくて黒くてかっこいいからテンションあがるのも無理ないか、、、


次のエリアに行こうとしたら、途中でクレープ売ってるキッチンカーがいたのでそこでプチお昼ご飯を食べることに。

クレープと唐揚げとポテトフライ。

ご飯っていうよりおやつ(笑)

後ろに広がってた芝生広場で、おいしくいただきました!


もしお弁当持ってきてたらここでレジャーシート広げてお昼ご飯するのがよさそう!

覚えておこうー。


次はオーストラリアエリア。

カンガルーとかワラビーとかがいる場所なんだけど、行った時にはみんなぐでーんとして誰も動いておらず(笑)

彼らの飛んで走り回る姿を見ることは全くできなかったー、、、


その後は動物に餌あげたりできるふれあい広場にきたんだけど、ちょうどお昼休み中で餌やりできず。

お昼休みなんてあるんだー、、、ずっと食べっぱなしは大変だからなのかなあ??

餌やりができるのはまだ1時間以上後だったので、先に他のエリアを回ることに。


お猿さんエリア。

小屋の中にリスザル達がいっぱいいたんだけど、すっごいかわいかった!

かわいいお顔した小さなお猿さん達が、走り回ったり餌食べたり紐とかおもちゃで遊んだり。


ずっと見てても飽きなかったなあー。

ここは珍しく息子ちゃんも飽きずにずっと見続けてた。

子供心にもかわいいなーとか楽しそうだなーとか思ってくれたのかな??


他のお猿さんもいたんだけど、みんなかわいかった!

テナガザルが寝てる姿がミイラみたいに見えてちょっと面白かった(笑)


その先に進むと大きなアジアゾウ発見。

小動物だけじゃなくてゾウさんまでいるんだーとびっくり。


アジアゾウ舎の横を大がかりな工事してたんだけど、どうやらアジアゾウ舎の大きいのを建設中みたい。

新しくできたらまた見に来ねば!


その奥にはペンギンさん達の住処発見!

外から見える水槽ではフンボルトペンギン達がすいすい泳いでて、

中に入るとオウサマペンギンとかジェンターンペンギンがたくさん泳いだり岩の上に佇んでいた。


いやーペンギンちゃんは相変わらずかわいいなあー。

水槽のぎりぎり近くまできてくれたりしたから、すごい近くで毛並みのつやつやキラキラした感じまで観察することができた。


この辺から息子ちゃんが「早く恐竜がいるところにいきたい!」とぐずり出したので、ゆっくり動物を見る事を諦めて早足で博物館方面に向かうことに。


博物館前にたどり着くと、たくさんの大きな恐竜たちがいっぱい!

恐竜たちを見て息子ちゃんも大喜び。

なんとかザウルスとかなんとかドンとか、私にはプレートを見ないとよくわからないけど、男性陣は恐竜さんの姿とか特徴を見て名前をちゃんと言い当ててて。


はあー男の子ってすごいなあーと改めて感心。

興味のある事だとすごい記憶力を発揮するのね。


自然史博物館の中も入ってみることに。

動物園併設の博物館だから全然期待してなかったんだけど、中すごかった!


恐竜の骨とかいろんな化石とか、いろんな展示物がいっぱいあって。

しかもすごいわかりやすく展示してあるというか、博物館内がすごいきれい。

随所随所にわかりやすい説明の動画が流れてたり4コマ漫画で説明されてたり。

パズルとか仕掛け展示もいっぱいあって。


動物園の入園料だけでこんなすごい博物館入れるのか!と思うくらいのクオリティ。

中も想像以上に広かったし。


売店もあったんだけど、オリジナルのクリアファイルetc.は見つからず。

オリジナルです!っていうぬいぐるみはあったんだけど、ぬいぐるみ自体に博物館の名前とかロゴとかが一切なかったからオリジナル感が感じられなかったのが残念。

ちゃんと豊橋市自然史博物館って名前を入れたオリジナルグッズを作れば絶対売れると思うんだけどなあー。残念。


出口にオリジナルの缶バッチガチャがあったのでそれを戦利品として持ち帰ることに。

かっこいいティラノサウルスの缶バッチが、でたからよかったー。


博物館を堪能した後はさっき後回しにしたふれあい広場へ。

ちょっと脚が疲れたから園内バスに乗って向かうことに。


大人1回200円。気持ち高い気がするけどまあ仕方ない。

息子ちゃんも楽しそうに乗ってくれたからよしとしよう。


ふれあい広場に着いて、さあー餌をあげるぞおーと思ったけど、まさかの餌売り切れ。

がーーーん。


まあ仕方ないからとりあえずふれあい広場内を見て回ることに。


カピバラさんは柚子湯に浸かってゆったり。

かわいい!


羊さんは毛並みがもこもこ!


やぎさんはいっぱいいて、落ちてる餌を食べてる子、上から眺めてる子、うろうろしてる子といろいろいて面白かった。


やぎさんの柵の近くに子供たちがいっぱい集まってて、何してるのかなーと思ったら、みんな地面に落ちてる餌を拾ってやぎさんに食べさせてて(笑)

息子ちゃんもそれを真似して落ちてる餌を拾ってやぎさんへ。


そんなこんなしてたら餌の販売が始まったので、100円払ってカップ入りの餌を無事確保。

やぎさん達も落ちてたくずくずのの餌よりもちゃんとした餌の方が好きみたいで、さっきよりもすごいたくさん集まってきて。


餌をあげる子もいっぱい、食べるやぎさんもいっぱいでわちゃわちゃ(笑)


やぎさんにも羊さんにも餌をあげてたんだけど、最初の方は餌を手で持ってちょっとずつあげてたのが途中からじれったくなったのかカップごとやぎさんとか羊さんに差し出して食べさせてた(笑)


やぎさんが結構個性が出てて、がっつりいろんな場所で餌を食べる子もいれば、遠くから様子を伺って他のやぎがいないところを見計らって食べに来る子もいたり。

なんか、やぎさん達の中にも上下関係みたいなのがあるんだなーってのがすごい見て取れた。


ふれあい広場で楽しんだ後は正門前の売店に寄ってのんほいパークを退散することに。

ここの売店も博物館同様、ぬいぐるみはのんほいの名前が書いてないオリジナル商品で、カレンダーとかポスターはあったけどクリアファイルとかタオル系はなかった。

その辺り充実させて欲しいなー!絶対売れるのに!


あとここ昔からある施設だからかトイレがひたすら和式ばっかりで個人的にはすごい嫌だった。

洋式もあるにはあるんだけど、和式5個に洋式1個とかだから、貴重な洋式トイレが汚れてたりすると使いたくなくなるし。

和式を無理やり洋式にしましたーっていうのだから、普通の洋式トイレよりも低くて座りにくいし。

かばんの置き場もなかったから大変だった、、、


ふれあい広場近くの子供用トイレはきれいだから、子供がトイレ行きたいってなったらそこでさせないと。

次来た時のために覚えておこう!

大人は、、、我慢するしかない(笑)


のんほいパーク、トイレさえきれいになったらポイントあがるのになー。

今度来る時はお弁当持って、植物園エリアを散策しようー!



お気に入り度:★★★☆☆

(博物館がすごい素敵!ふれあい広場も好き!ただトイレが、、、)


前に戻る  次の場所へ